悪質な闇金業者への対処法

MENU

悪質な闇金業者への対処法

闇金業者の手口は非常に巧妙です。始めは甘い顔をしてすり寄ってきますが、返済が滞り始めるとあの手この手で取立てが始まります。もしあまりにも悪質な闇金業者に捕まった場合はしっかりと対処する必要があります。悪質な闇金業者はそもそも業者の存在や貸付契約自体が法に触れていますが、その取立も無茶苦茶な方法によるものが多く恐怖のあまり言いなりになって返済を続けてしまう方も多いようです。こういった闇金業者にはどう対応するのが良いのでしょうか。

 

闇金業者との付き合いを一切やめる為に

脅迫するといった身の危険を感じさせるような取立を行う闇金業者にお金をかけずに対処する方法として、警察への相談があります。ちなみに交番でなく警察署での対応になります。ただ警察は「民事不介入」といって実際に暴力を振るわれた、自宅に侵入されたといった刑事事件に発展していない限り闇金業者に対して強く出ることはできません。そのため警察に相談に行く際には取立の様子の録音といった証拠を揃えてから行った方が賢明です。ただしせっかく警察に相談しても身の危険を感じる程ではない取立に対して警察は腰をあげてくれないことがほとんどですし、対応してもらってもほとぼりが冷めるのを待って再度法に触れる取立を再開する業者もいます。そういったときに頼れるのが弁護士や司法書士といった法律のプロです。

 

闇金業者への対応実績が豊富な法律事務所の場合、依頼から最短1日で取立が止むと言われています。元々闇金業者は法律で規制されており、裁判となって摘発されれば懲役刑や罰金刑が課されます。そのため法律のプロが出てきた途端に手を引く業者が多いのです。また警察と違い、取立自体のストップだけでなく返し過ぎた利息を取り返すことも期待できます。

 

最近では依頼費用を分割して払える事務所や、闇金業者から取り戻せたお金の何%を報酬として支払うと決められている事務所も増えています。警察に相談してみてもダメだったという方は闇金業者撃退の実績の高い法律事務所にも相談してみると良いでしょう。

 

 

今すぐ悪質な闇金業者の取立てを解決するならコチラ