tp1

不動産売却で失敗したくない人のための情報サイト

 

家・マンション・土地など不動産を相場より高く早く売却するには、売却を依頼する不動産会社選びが決定的に重要です。

 

かといって、不動産会社に任せっきりではダメ。売主も、不動産売却に関して基本的なことは押さえておく必要があります。

 

このサイトでは、あなたの大切な不動産を相場より高く早く売却できるよう、知っていれば必ずトクする情報をまとめています。

 

 

不動産を高く早く売却するための 3つのポイント

 

不動産を相場より高く早く売却するために、押さえておきたいポイントが3つあります。

 

  • 不動産売却で一番大切なのは不動産業者選び
  • 査定は複数の不動産仲介業者に依頼する
  • 不動産売却の流れと注意点について予備知識を持つ

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

@不動産売却で一番大切なのは不動産業者選び

 

不動産売却で一番大切なのは、売却を依頼する不動産会社と担当者選びです。希望する価格でスムーズに売却できるか、何年かかっても売却できないかは、不動産業者次第です。

 

それでは、どのような点に注意して不動産業者を選べばよいのでしょうか?
不動産業者の選び方のポイントについては、次のページで詳しく解説しています。

 

 

不動産業者との契約には、不動産業者に買主を探してもらう媒介契約と、不動産業者が買主となる売買契約があります。それぞれ、簡単に見ておきましょう。

 

不動産業者との媒介契約は 3種類ある

不動産業者に売却を依頼する契約は、媒介契約といいます。「買主の探索」と「売買契約の仲介」を依頼する契約です。

 

媒介契約には、一般媒介・専任媒介・専属専任媒介の3タイプがあり、どの媒介契約の形態とするかは売主が決めます。3つの媒介契約の違い、それぞれのメリット・デメリットを押さえておくことが大切です。

 

 

 

不動産業者による買取

「売却価格にこだわらない、急いで売却したい」ときは、不動産業者による買取という方法もあります。不動産業者に買主を探してもらう媒介契約と違い、不動産業者が直接買主となる売買契約です。

 

なお、買取の場合、すぐに売却することはできますが、価格は安くなります。

 

 

 

A査定は複数の不動産仲介業者に依頼する

 

不動産を相場よりも高く早く売るためには、複数の不動産業者に査定を依頼することが大切です。査定結果を比較することで、「売れる不動産業者」を見つけることができます。

 

査定結果を比較するとき大切なのは、査定価格より、その価格の算定根拠と販売の戦略・プランを比較することです。どんなに高い査定価格を提示したとしても、算定根拠が明瞭なかったり、販売戦略や販売プランがなければ、絵に描いた餅に過ぎません。

 

 

B不動産売却の流れと注意点について予備知識を持つ

 

あらかじめ、「不動産売却の流れ」と「節目ごとの注意点」を知っておくと、見通しを持って売却活動できるので、失敗がありません。

 

不動産売却の流れ

不動産売却の流れを簡単にいうと、次のようになります。

 

  1. 不動産業者に査定を依頼し、査定結果をもとに販売価格を検討します。
  2. 不動産仲介業者と媒介契約を締結します。
  3. 不動産業者が販売活動を展開します。
  4. 買手が見つかれば条件交渉し、売買契約を締結します。
  5. 代金の支払いを受け、物件を引渡し、売却完了です。

 

 

各ステップの注意点について予備知識を持っておくことが大事

売却に至る過程で、売主は、重大な判断を迫られる場面が出てきます。そんなとき、適切に判断できるよう、予備知識を持っておくことが大切です。

 

例えば、不動産業者が「売れそうにないので価格を下げませんか?」と言ってきたら、どうしますか?

 

信頼できる業者であれば、販売価格引き下げの打診を素直に受け入れ、いくら引き下げるか相談することになるでしょう。

 

販売価格を下げざるを得ない場合も出てきますが、それは、不動産業者が十分な販売活動を行ったうえでの話です。

 

不動産業者にとっては「高く売る」ことよりも「早く売る」ことの方が重要ですから、まともに販売活動をせず、価格を引き下げて早く売ってしまおうとする不動産業者もあるので、注意が必要なのです。