仲介手数料無料のカラクリとデメリット

仲介手数料無料のカラクリとデメリット

 

仲介手数料無料や半額の不動産仲介業者が見られるようになりました。不動産仲介業者にとって、仲介手数料は最大の収入源です。それを無料にして、どうして経営が成り立つのでしょうか?

 

仲介手数料を無料にできる理由と「からくり」、仲介手数料無料のメリット・デメリットについて見てみましょう。

 

仲介手数料無料の「からくり」

仲介手数料を無料んみできる理由と「からくり」を考える上で押さえておきたいのは、不動産業者による仲介には、単独仲介(両手仲介)と共同仲介(片手仲介)があることです。

 

単独仲介

1社だけで売主と買主を仲介。
売主と買主の両方から仲介手数料が入るので「両手仲介」と呼ばれる。

共同仲介

売主と買主を別の業者が仲介。
売主または買主の一方から仲介手数料が入るので「片手仲介」と呼ばれる。

 

両手仲介は、片手仲介に比べて、仲介業者の報酬(仲介手数料)が2倍です。ここに、仲介手数料を無料にできる理由と「からくり」があります。

 

つまり、1社単独で仲介する両手仲介なら、売主あるいは買主の一方の仲介手数料を無料にしても、他方の仲介手数料があるので、仲介業者に入る仲介手数料はゼロではないのです。

 

仲介手数料無料の場合、売主あるいは買主のどちらかの仲介手数料を無料にするのが一般的です。仲介手数料無料というのは、仲介手数料の額から見れば、片手仲介と同じなのです。

 

ただし、仲介の形態としては単独仲介ですから、元付業務(売主側の媒介業務)と客付業務(買主側の媒介業務)の両方をこなさなければいけません。収益が従来の半分に減りますから、業務には一部重なる部分があるとはいえ、経費節減が不可欠です。

 

そのため、仲介手数料無料の業者は、多大な経費のかかる折込広告をやめてインターネット広告に特化したり、実店舗を持たず業務をスリム化したり、取扱物件やエリアを限定したりして、経費節減に努めているようです。

 

 

 

仲介手数料無料のメリット・デメリット

仲介手数料無料には、メリットだけでなく、デメリットもあります。
売主の仲介手数料が無料で、買主のみ仲介手数料を請求する仲介業者に、不動産売却を依頼するケースを考えてみましょう。

 

仲介手数料無料のメリット

仲介手数料無料のメリットは、いうまでもなく、不動産会社に仲介手数料を支払わなくてよいことです。仲介手数料は、売却価格の約3%ですから、安くはありません。仲介手数料無料は、大きなメリットです。

 

あなたから不動産売却の依頼を受けた仲介業者は、買主からしか仲介手数料を受け取ることができないので、何が何でも自社で買主を見つけようとするでしょう。

 

また、仲介手数料は売買価格の一定割合で決まるので、できるだけ高く売ろうと考えるかもしれません。となると、高く売れそうな気がします。ですが、現実はそうなりません。

 

 

仲介手数料無料のデメリット

仲介業者は、必ず自社で買主を見つけようとはしますが、できるだけ高く売ろうとはしないのです。

 

例えば、売主にとっては100万円高く売れるかどうかは大きな問題です。しかし、仲介業者にとっては、売買価格が100万円高くなることによる仲介手数料の増加は3万円程度ですから、高く売ることよりも早く売却し、数をこなす方が大事なのです。

 

もちろん、買主は自社で見つけ、買主と媒介契約しなければ報酬が全く入らないことになりますから、何が何でも自社で買主を見つけようとします。そのためには、物件の囲い込みもあり得ます。

 

昔はレインズに登録せず囲い込む手法がありましたが、今は売主自身がレインズの登録情報を見ることができるので、レインズに登録はします。ですが、他社から問い合わせがあったときに、商談中などと理由を付けて囲い込む手法は、今もあります。

 

こうした囲い込みによって、高く売れるチャンスを逃してしまう恐れがあるのです。

 

ただし、仲介手数料無料の不動産仲介業者が、すべてこういった手法でやっているわけではありません。仲介手数料無料を謳い文句に顧客を集めて、実態は適切な売却活動をしない不動産業者もあるので注意が必要ということです。

 

 

 

札幌の不動産会社が起こした爆発事故の背景に仲介手数料無料の波

札幌市で2018年12月に不動産会社が引き起こした爆発事故は、大量の除菌消臭用スプレー缶の廃棄が原因でしたが、その背景には、仲介手数料引下げによって不動産業者の収益が減っていることが背景にあると言われています。

 

もちろん、部屋の除菌消臭名目で料金を受け取りながら、実際にはその作業をしていなかったのですから、そのこと自体は詐欺にも当たる行為でしょう。断じて許されるものではありません。

 

ですが、本来の報酬を減らしながら、別の方法で収益を上げざるを得ない不動産仲介業者の置かれている環境には、問題があるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

高過ぎる仲介手数料に対する批判から、最近は仲介手数料無料や半額の仲介業者が見られるようになりました。

 

仲介手数料無料は、確かに魅力的ですが、大事なのは、高く早く売れる不動産会社に売却を依頼することです。仲介手数料は、仲介業者が受け取ることができる正当な報酬です。報酬を無料にするということは、どこかにひずみが出ます。

 

満足のできる売却が第一です。大事なのは、仲介手数料が安いかどうかより、高く売れる業者を見つけることです。

 

そのためには、複数の不動産業者に査定を依頼して、売却を依頼する不動産業者を比較し、ベストな業者を選ぶことが大切です。